完熟アロエジュースは危険!?|飲み方を間違えなければ問題なし!

みなさんはアロエに対して、どのようなイメージを持っていますか?

私にとってのアロエは、化粧品から食品まで幅広く使用されているスーパー植物という印象です。

周りを見渡してみても「塗って良し、飲んで良し」と言えるような万能薬って、意外とそんなに無いんですよね。

そういう意味でも、アロエは化粧品から食品に至るまで様々な形で私たちの生活と密接している植物と言ってもいいでしょう。

 

そんなアロエに、ちょっと不安になるような情報を発見しました。

もし完熟アロエジュースに興味を持った人の中で「アロエって副作用があるの?」「アロエって危険なの?」という不安を抱えてしまいそうな人が出るんじゃないかとも思ったので、この記事ではアロエの危険性について解き明かしていきたいと思います。

 

アロエに関する不安事項

薬機法(薬事法)で制限されている成分がある

アロエに含まれているアロインという成分は、薬機法で「食品や化粧品に使用してはいけない」という明確なルールがあるそうです。

ここだけを切り取ってしまうと「身体にとって有害だから制限されているのでは?」と思ってしまう人もいると思います。

 

実はアロインは「便秘などに対して効果的」ということで、薬に使用されている成分です。

それほどまでに強力な成分なので、安易に取り扱わないようにということで制限されたのではないかと思われます。

 

ちなみに完熟アロエジュースになぜアロインが含まれているかという件についてですが、ちょっとした法整備の抜け穴のような感じもあるんですよね。

実際に日本国内では禁止されていても海外では常習的に食べられているものは沢山あるので、そこまで神経質になる必要もないんじゃないかと思いますが…。

 

日本の法律では「アロエベラに含まれているアロインを食品などに使用してはいけません」というルールになっているため、他のアロエに含まれているアロインは同じ成分なのにも関わらず、制限されていないようです。

 

妊婦さんは飲まないようにと言われている

「妊婦さんは服用しないでくださいね」と言われて、妊婦じゃないのに心配になってしまうのは私だけでしょうか?

なんだか妊婦さんでもOKと言われると安心できるのに対して、妊婦さんはダメとか5歳以下の子供はダメって言われると、どうも身体に害があるという感じがぬぐえないんですよね。

 

しかし実際に調べてみると、サプリメントなどでも「妊婦さんでもOK」と謳っている商品は意外と少なくありません。

「恐らく大丈夫…」と言えるような品質でも、今は石橋を叩いて渡らなければいけない時代なんだと思います。

第一にお酒を飲んだりする私にとって、特に気にするべき言葉でもないような気もしました。

 

過剰摂取にさえ気を付ければOK

実際に私は完熟アロエジュースを毎日飲み始めてから4ヶ月が経ちましたが、身体にとって良い変化こそあっても悪影響は感じていません。

しかしアロインには強力な効果があるようなので、くれぐれも過剰摂取には注意しなくてはならないでしょう。

 

これはアロインに限らず、多くの成分で同じことが言えると思います。

ビタミンなんかは過剰摂取しても体内に取り込まれずに排出されるようですが、こういう特徴を持っている栄養の方が少ないです。

実際に試しもせずに怖がっていると、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうことになるので、それは非常に勿体無いことのように感じました。

 

最後に

完熟アロエジュースは、毎日15ml程度の継続でスッキリできるという利点のあるアイテムです。

私は完熟アロエジュースに出会ってから生活が一変したので、是非とも多くの方に試してもらいたいと思っています。

 

【TOPページへ】

完熟アロエジュースで健康生活|スッキリとした毎日の必需品!!

 

【おすすめの完熟アロエジュース】

14日間でカラダチェンジ!完熟アロエまるごと純しぼり